こんにちは。最近はオンラインミーティングのプラットフォームが増えすぎて困ってしまいますね。Zoom, Skype, LINE, Webex, Google meet, Teams, Chatwork等。みなさんはどんな理由で何を推していますか? 私はMac OSにてZoomでMTGを、データ管理は仕事仲間との共有も簡単なGoogle Workspaceを愛用しています。

さて本題。今日は排水管の流れが悪いかもしれないというお問い合わせ。

依頼主は「詰まっている訳ではないから、柳田さんの時間がある時に来てください」

お気遣いいただいたのですが、被害が大きくなる可能性がゼロでは無い気がしまして、早めに伺いました。この勘が当っていたのです。築14年、一軒家のキッチンシンクの排水管を掃除しました。

先ずは成果をご覧ください。

シンク下に作業スペースを確保して、流し台のトラップからホースを抜き取ります。

抜き取ったホースの中は、水の通り道が本来の半分くらいしかありません。これが流れの遅い原因でした。

許可をいただいて別の場所にてお湯でホース洗浄。この詰まりはゴミもあるのですが、洗剤などのカスが長い時間をかけて固まったものです。中にはこんな大物もホースから現れてきて。。。やりがいがあります。動画にする必要も無かったのですが、撮影までに14年かかるレアな映像。もはやホースの直径と変わらない詰まりものが出てきました。

最後にトラップ部分の仕上げ掃除を行い完了です。

これだけの詰まりを放置すると、ビニールの管が重さに耐えられずにジョイント部分から外れてしまい、シンク下が水浸しになってしまう可能性もゼロではなかった訳です。

綺麗に使っているお宅でも、年数が経過すれば蓄積されるものがあり、排水管清掃は必要になってきます。市販のパイプクリーナーの薬剤も、水平で長い管がある場所など、使う場所によっては、その薬剤自体が固まって詰まるケースもあります。

緊急事態宣言、コロナ禍においては自宅でお仕事をされ、自宅での時間が増えている方も多いと思います。お家の設備を気にして、惨事になる前の対策をオススメします。

見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。